スクーターに乗ってどこまでも 

海沿いの町・伊東で楽しむ、スクーターとの毎日

新井堤防  海を見つめて、釣りとイルカも?!

 伊東市新井。相模湾に面した漁師町ですが、

夏になると海遊びの子供たちで、おおいににぎわいます。

オレンジビーチを背に、下田方面へ国道を走ると、

堤防がいくつも見えてきます。

 

伊東港の端にある新井堤防へ、ふらりと立ち寄りました。

 

f:id:emmarsch:20190808124556p:plain

 

こちらが、新井堤防です。

この堤防は先端近くまで乗り物が入り込めますので

私はスクーターで入ってゆきました。

 

f:id:emmarsch:20190808124823p:plain

 

テトラポットが先端まで長~く伸びています。

 

f:id:emmarsch:20190808124943p:plain

 

こちらが、新井堤防の先端。

釣り人がのんびりと釣りを楽しんでいます。

このあたりでは、ウキ釣りでアジやサバ、カゴ釣りでソウダガツオなどが

釣れるそうです。

大物が釣れるといいですね!

 

f:id:emmarsch:20190808125002p:plain

 

奥の岩が透けて見える、この海の色・・・

紺碧、薄藍、青、浅葱色、深緑、群青色、青緑、翡翠色、空色・・・

まだまだ、見分けられそうな気がしています。

 

 

昔、大学の講義で聞いた話ですが、

日本人など温帯地域に住む人の目は、北方に住む人に比べて

色を多く感じやすいとのことです。

太陽光線の少ない地域の人は、

淡い色を一様に白っぽくしか感じられない場合が多いため、

目にしっかり取り込まれるヴィヴィッドな色を好む、とのことでした。

一方温帯の人の目は、特に淡い色彩をいくつもの色に分けて捉えられるので、

桜の微妙な花色を愛でたり、着物で淡い色の重ねを楽しめるのだそうです。

 

真偽についての追及は、ここでは割愛しますが、

私は、色を感じる物差しは地域によって独自のものがあって、

 

身近な自然界の色が多ければ多いほど、伝統色は増えると思います。

 

日本古来の伝統色を調べますと、

微細な色合いに、それぞれ素敵な色名がつけられていまして

名前を眺めて読んでゆくだけでも時間を忘れてしまいます。

日本人は昔から、こんなに細かく色を分けて

四季を楽しんでいたのだなと感心。

私が参考にしたサイトはこちらです。https://www.colordic.org/w/

 

 

f:id:emmarsch:20190808125134p:plain

 

色についての思索をほどほどに終えて、遠くを眺めてみますと、

なにか、プールか生け簀のような囲いがありますね。

 

f:id:emmarsch:20190808125048p:plain

 

なんと・・・イルカが泳いでいます!

こちらは、イルカのプールでした。

 

f:id:emmarsch:20190808124802p:plain

 

こちらのイルカプールを運営しているのは、

ドルフィンファンタジーさん。

この時期は子供たち向けに、イルカと泳ぐ体験の場を提供しています。

子供たちにとっても、貴重なひと夏の思い出ができそうですね。

ドルフィンファンタジーさんのページはこちら。http://www.dolphin-fantasy.com/

 

f:id:emmarsch:20190808125113p:plain

 

青空を背景に、青い海を走る、青い船。

この時期の伊東は、色がひときわ鮮やかに感じます。

 

新井堤防への立ち寄りは、スクーターでも車でも、どちらも便利。

小さなクーラーボックスをお持ちの方は、スクーターで。

大物のお魚を狙いたい方は、車がよいでしょうね。

 

夏の日差しを楽しんで、よい休日をお楽しみください^^

 

f:id:emmarsch:20190808143005j:plain

 

See The Forest ノスタルジックな緑と癒しのカフェ

伊東市八幡野。最寄り駅は伊豆急行の伊豆高原駅です。

国道135号線から海へ向かう道を下り、細い路地を進むと、

畑の傍にこちらのカフェがあります。

 

f:id:emmarsch:20190721233403j:plain

 

入ると緑がいっぱい・・・サボテンや多肉植物が、所狭しと並べられています。

 

f:id:emmarsch:20190721233512j:plain

 

熱帯地域に迷い込んだような雰囲気。

この圧倒的な数の、個性的な植物たちに出迎えられます。

奥の壁には書籍が飾られています。

昔の名作・・・フランソワーズ・サガンの小説がありました。

こちらのマスターの、文学への想いがこめられているかのよう。

幾分ノスタルジックな気持ちになり、現実から切り離されたところで、

カフェの門をくぐります。

 

 

f:id:emmarsch:20190721234906j:plain

 

 

f:id:emmarsch:20190721234921j:plain

 

ほっと一息つけるような、木製のカウンターとテーブル。

上を見るとCDが沢山・・・

 

 

CDなどの音楽媒体を見ると、またしてもノスタルジックな気持ちを

いやがおうにも高められる自分がいます。

 

 

今はミュージックアプリなどでダウンロードし、

欲しい音楽を簡単に手に入れるようになりましたが、

少し前はCD(コンパクトディスク)、MD(ミニディスク)、

その前はカセットテープ、さらに前はレコード、ソノシート。

 

 

少し昔を思い出してもいいですか?

 

 

子供の頃、箱を開くのが大好きで、母の宝箱をよく開いていましたが、

その箱の中に、レコードとソノシートがいっぱい詰まった箱があり、

カラフルで半透明なソノシートの形状に夢中になりました。

母が結婚前にこつこつ集めたレコード。

今も実家に大切にしまわれているはず。

 

 

そういえば、子供の頃の音楽はカセットテープが主流で、

母がラジオで流れる音楽を編集していました。

昔の”ラジカセデッキ”は、音楽を編集しやすいものでした。

その編集したカセットテープを、いつも車の中で

聞かせてもらっていました。

 

 

中学に入ると、CDの時代。

私もお小遣いを使い果たすほど、CDを沢山買いました。

その時代からのCDが全て手元にあれば、

このCD列と同じくらいになったはず。

その後MDが登場。編集がこちらも楽なツールでしたので、

昔のラジオ編集カセットテープの音を、MDに編集しなおしたりしました。

懐かしいな・・・

 

 

大学時代に入ると、音楽好きの友人から、好きな曲がランダムに入った

MDをプレゼントに贈られたりしました。

大好きで何度も聞いていました。

あの友達、いまはどうしているのかな。

 

 

今の私は、i Pod とLINE MUSICで、

ダウンロードされた音楽を聴いています。

一番の楽しみは、

子供の頃にカセットテープに編集された音楽たちを

歌詞のキーワードで検索し、発掘すること!

 

Sting、Carol King、The Bangles、Guns & Roses、そして Bon Jovi。

日本人では、久保田利伸、聖飢魔Ⅱ、徳永英明、Chage&Asukaなどがありました。

80年代の名曲をいくつも発掘し、悦に入っているこの頃です。

 

 

さあ、珈琲ができました。

 

f:id:emmarsch:20190721234848j:plain

 

珈琲豆にこだわっているのが良く分かる仕様。

豆の説明が心憎くて、ケーキもおいしくて、他の料理にも目移り。

ケーキにしようか、プリンにしようか、とても迷った私。

 

 

f:id:emmarsch:20190721234820j:plain



珈琲をいただきながら、横を見ると緑たちが。

は~、なんか幸せ^^ 肩の力が完全に抜けます。

 

 

周りを見渡すと、友人同士やご夫婦のお客さんもいますが、

一人客もちらほら。かくいう私もおひとりさまです。

 

 

ひとりでも気兼ねなく寛ぎやすい店内では、

宝箱を開けるような、自分だけの楽しい時間に浸れます。

 

 

 

帰りに、マスターの趣味で集められた多肉植物を、

一鉢購入。

 

f:id:emmarsch:20190722002639j:plain

 

こちらの子です。

札には、「黒兎耳」と書かれていました。

確かに、兎の耳の様です。大切にお家で育てています^^

 

 

宝箱のようなのんびりできるカフェに、

あなたもいらっしゃいませんか?

 

カフェのそばの道路は、車がすれ違えないほど細いので

やっぱり、スクーターが便利です。

 

それでは、素敵なお出かけを!

 

 See The Forestのホームページはこちら!

 

f:id:emmarsch:20190722003417j:plain

 

 

スクーター、小さな存在だけど

ようこそお越しくださいました。
はじめまして、Emmaと申します。

 

f:id:emmarsch:20190717124329j:plain


ご覧いただいているあなたは、きっとスクーターのこと、
お好きではないでしょうか^^

スクーターって、車の免許を取れば誰でも乗れる、一番小さな乗り物。
大きい荷物は乗せられないし、他の人とのお出かけもあんまり。
大きめの道路では、車に煽られて怖い思いもしますね。
なんとなく、"車を買うまでの当座の乗り物"
という位置づけが強いのではないでしょうか。

でもスクーターには、良いところがいっぱいあるのですよ。
車では見落としがちな、ささやかな風景を楽しめます。
自転車より気軽に、遠くまでお出かけできます。
駐車場をあまり気にせず、気ままに行きたい場所へ行けます。

車よりガソリンがかからないので、お財布にも環境にも優しい。

そんな、スクーターの楽しみを、のんびりとご紹介致します。
ご一緒に風を感じることができますなら嬉しいです^^
今後ともよろしくお願い致します。

Emma

海沿いを走ってゆこう


今週のお題「海」

海沿いをバイクで走る・・・夏のライダーの楽しみのひとつでもあります。

もちろんスクーターだって楽しいですよ!

 

f:id:emmarsch:20190717154429j:plain

 

こちらは、伊東のメインストリート、国道135号線。

相模湾に沿うように走るこの道路は、晴れた日にはこんなに南国モード。

50km道路ですが、気持ちよさのあまりついついスピードが出過ぎる車が・・・

 

国道135号は本当に長くて(国道なので当然ですが^^;)

神奈川県小田原市から静岡県下田市まで続いています。

おおよそ95kmほどの長さ・・・海沿いに敷かれた、とっておきの国道です。

週末にはツーリングのライダーたちが、気持ちよく走っています。

やっぱり、海を横目に風を浴びて走るのは、気分爽快、ですよね!

 

そんな道路脇に住む、伊東市のスクーター乗りである私ですが、

スクーターにだって、楽しみがあります。

小回りが利く上に、気軽に乗りつけられるということは・・・

海辺に気軽に遊びに行けるということ。

 

ちなみに伊東は、宇佐美や伊東駅そばに砂浜がありますが、

とくに多いのは、磯辺と防波堤です。

そのため、自然と・・・

 

魚釣りでしょ~^^

 

f:id:emmarsch:20190717155025j:plain

 

防波堤では、釣り人達が色んな魚を釣っております。

 

見せてもらった釣果・・・

f:id:emmarsch:20190717155152j:plain

f:id:emmarsch:20190717155213j:plain

こちらはイサキ。

 

f:id:emmarsch:20190717155233j:plain

こちらはイシヅミという魚です。

 

近所の釣り人の多くは、スクーターで防波堤まで乗り付けて、

気軽に釣りを楽しんでいます。

次回は、魚釣りスポットについてご紹介いたします!

 

それでは、素敵なお出かけを!!

 

Pata Relaxation 隠れ家のような癒し空間

伊東市吉田。吉田という地域は比較的広くて、 国道沿いのごみごみした地域から、森の中まで続いています。 一碧湖のほとりを通るバス通りから山の中にはいってゆくと、 こちらのエステサロンがあります。

   

f:id:emmarsch:20190717225454j:plain

   

細い山道をひたすら上がってゆくと、小さな畑と2軒続きの住宅が。 奥側にある住宅の階段を上がると、お目当ての場所です。

   

f:id:emmarsch:20190718000520j:plain

   

入口から、ハーブのドライフラワーがお出迎え。 温かい蒸気とハーブの香りが、小さな空間に充満しています。 心地よい音楽と共に、現実から切り離されます。

   

f:id:emmarsch:20190718000632j:plain

   

私のお気に入りは、よもぎ蒸し。 大きなフードをかぶり、よもぎの蒸気を下腹から当ててゆくのですが 女性の体調を整えるのに、お役立ちの施術です。 私もこのよもぎ蒸しを受けるようになってから、 ホルモンバランスが整ってきているように思います。

   

ほかにも、アロマオイルマッサージやハーバルボールなど、 魅力的な施術がいっぱい。

   

なにより、セラピスト・あずささんのお人柄がとっても優しくて、 ついつい世間話から、人生の様々なことなどの深ーい話まで なんでも気兼ねなく話せてしまうのです。 私もついつい(毎度のことながら)将来叶えたい夢の話や 将来のパートナーの話など、色々と///・・・お話してしまいます。

身体のデトックスはおろか、心のデトックスまでできてしまうという!

   

セラピストのあずささんは、農学系の大学を卒業後、

様々な海外の滞在を経たのちスリランカとご縁を得、 スリランカの風土文化やセラピーの知識を得ておられます。

エステティシャンとしての経験も長く、 マッサージ・整体の腕前は抜群です。

   

山も海もある伊東の地を、 ”日本のスリランカ”、 と語るあずささん。

スリランカで体験された極上の癒しを、 一碧湖のほとりで体現されたいとのことです。

   

そんな隠れ家のような癒しの空間に、あなたもいらっしゃいませんか?

スクーターでは、国道からバス通りにはいってくねくね道を進みます。

その後、自動車ではすれ違いが難しい、細い坂道をのぼってゆきますので、

スクーターはうってつけです。

馬力が要る急こう配の坂道なので、スピードはでませんが^^;

冬は路面が凍りますので、天候をみておいで下さいませ!

それでは、素敵なお出かけを!!

Pata Relaxationのホームページはこちら!

f:id:emmarsch:20190718001102j:plain

車の脇をすり抜けても、良いことがない訳

いつもスクーターで道を走っていると、 よく自分よりも早いスクーターに遭遇します。

f:id:emmarsch:20190717124033j:plain

道をいそいでいるのですね。 でもスクーターの制限速度は、どこでも時速30kmです。

急いでいるときには、どなたでも気になることですが、 信号待ちの際、自動車の脇をすり抜けて 停止位置の一番前にでるスクーターの動きは 本当に早く目的地につくのか?

片道15kmの道のりで、実験してみました。

まず出発点から2km程ゆくと国道へでるT字路があり、そこから計測。 T字路では10台ほどの長い車の列ができていましたが、 左脇を抜けて先頭へでてみました。 恐らく青になった時点で、列をなしたすべての車が国道に乗れないでしょう。

一回分の信号の待ち時間を3分として、 先頭にでた時点で3分稼ぎました。

その後左折して国道の流れに乗って走りました。 しかし、スクーターは30km/hですから、 当然、横をすり抜けたはずの自動車に どんどん追い抜かされるわけです。

さらに5km程先にまた信号がありました。 そこの信号でもまた、左脇を抜けて先頭へ。

しかしそこは長い一本道で、信号が青に変わっても 渋滞でゆっくりとしか進みません。 渋滞で動いているときに脇をすり抜けると、 のちほど本格的に動き出した時に 車の流れに自分が戻れなくなり、危険です。

結局、30km/hで動く渋滞の流れに乗り、 その後はやく動き出してからは車に追い抜かされて そのままの状態で運転。 心理的にも、まったく得した感じがしません。

15kmの道のりを約30分で走り終えましたが、 脇のすり抜けをしない場合に比べて、実際は、 初めのT字路の信号待ちで、3分稼いだだけでした。

たった3分短縮されただけで、 自分にとっても車にとっても危険な運転は あまり魅力的ではありませんよね。

結局スクーターは、道の混み具合に関わらず、 時速30kmの速さで走っただけの時間しか稼げませんでした。

また、車の脇をすり抜け、並んで信号待ちをすると 車のルームミラー、ドアミラーの死角に入る為、 発進時、左折する車のタイヤに巻き込まれることがあり 特に危険です。

ですからスクーターは、道路の流れに乗って、 脇をぬけずに安全運転で走ることが 一番の近道に思います。

私も含めて、時間と心にゆとりをもって、運転しましょう。

今日も快適なドライブを^^

53Cafe のんびりできるカフェ

伊東市は荻(おぎ)、国道351号線の道沿いにある、

気さくなご夫婦が切り盛りするダイニングカフェのご紹介です。

   

f:id:emmarsch:20190717225618j:plain

   

インテリアはレトロ・アメリカのイメージ、

BGMは古いアメリカのラジオ番組のようです。

適度に賑やかで、店内に差し込む光も明るい。

提供されるのは、焼きたての肉料理のランチプレートか、パスタのセット。

ほかにも数十種類のメニューがあり、正直かなり迷います。

   

f:id:emmarsch:20190718001217j:plain

 

 

お客様の多くはカジュアルに洒落た高齢者の方々。

圧倒的に地元の方々に支持され、愛されている印象です。

それぞれの人生に厚みを感じさせる人々ばかりが、

時間を気にせずのんびり食事に談笑にとくつろいでいます。

   

f:id:emmarsch:20190718001248j:plain

 

 

「53」の意味はどこから来るのか、一人でぼんやり考えていました。

BGMのアメリカに因んで、1953年はどんな時代だったか、調べていました。

アメリカでは冷戦と公民権運動が盛んだった時代とのこと。

映画では有名な「ローマの休日」「シェーン」「地上より永遠に」

といった映画が公開された年だそうです。

きっとこれらの映画は、ここにきているお客様は

みんなお馴染みの映画なのだろうな、と思っています。

   

映画の風景を様々に思い浮かべていましたら、

時間があっという間に経ってしまいました。

急かされない空気感がありがたいですね。マスターありがとう。

後日、マスターに53の由来を改めて尋ねたところ、

マスターご自身のお誕生日から数字をとったとのことです。

なんだ、私ったら深読みしすぎ^^;

   

誰かとの待ち合わせにも都合良いのではないでしょうか。

二軒手前にはコンビニ、向かいにはドラッグストアがあるので、

もしここの駐車場が一杯でも、停めるところには困らないかと。

目の前の国道は、渋滞になりやすいので、

帰りに道路へでる際には、十分お気を付けください。

ランチ 11:30~14:30 ラストオーダー 14:00

それでは、素敵なおでかけを!!

53Cafeのホームページはこちら!

f:id:emmarsch:20190718001326j:plain